お問合せ・資料請求

マーキュリーレポート お役立ち情報

エレベーターの閉じ込めが起きたらどうする?対処方法を紹介

本記事では、エレベーターで閉じ込めが起きる原因やその対処法を紹介します。エレベーターに関する知識を身につけたい方はぜひ参考にしてください。

「地震や落雷による停電のせいでエレベーターの閉じ込めが起きたらどうしよう」「エレベーターに閉じ込められた時はどのように対処したらいいのか」不安を感じる利用者に解説ができるよう、施設の管理者は日頃から対策につとめねばなりません。

エレベーターの閉じ込めが起きる原因とは?

エレベーターの閉じ込めは、エレベーター自体が安全に運行出来ない状態となったときに発生します。非常停止が発生する主な原因は、以下の3つです。

・ 停電した場合(停電時自動着床装置付きのエレベーターを除く)
・ 災害(地震・落雷・冠水など)機器が破損するような影響を受けた場合
・ 主要な機器の故障によるトラブル

停電が起きた場合、エレベーターは一旦停止します。停電時自動着床装置が搭載されたエレベーターであれば、 一定時間後最寄り階へ運転し扉が開きますのですみやかに降りて下さい。もしこの時に扉が閉まってしまっても開きボタンを押せば扉は開きます。停電時自動着床装置が搭載されていないエレベーターの場合、復電するまでは動きませんが復電後はほぼ自動で復旧しますので非常用インターホンで外部と連絡を取り、落ち着いて待機して下さい。
機器が破損するような大きな地震やモーターを駆動するような主要な機器にトラブルが発生すると、最寄り階へも運転せず、閉じ込められる事があります。
エレベーターが停止するのはこれ以上の被害や破損を防ぐ意味もありますので、落ち着いて非常用インターホンで外部と連絡を取り待機して下さい。

エレベーター内で閉じ込めが起きた時の対処方法

エレベーターで閉じ込めが起きた場合の対処方法は以下の3つです。

・ すべての階のボタンを押す
・ 非常用インターホンで外部と連絡する
・ エレベーター内の非常グッズを使用する

それぞれ詳しく解説します。

すべての階のボタンを押す

特定の階のボタンが作動しないなどのトラブルが発生している場合がありますので、エレベーター内のすべてのボタンを押してみることで、別の階へ移動し扉が開く可能性があります。
閉じ込められた多くの乗客の方は、動揺してしまいます。まずは落ち着き状況を確認することが重要です。
また近くの階へエレベーターが移動し、ドアが開いた際には慌てずに降りるようにしてください。もし降りる前に扉が閉まってしまった場合再度開きボタンを押してください。安全を確認し降りたあとは非常階段などを使用して移動してください。

非常用インターホンで外部と連絡する

エレベーターには、非常用インターホンが設置されています。非常停止した際は、非常用インターホンを使用して外部にご連絡ください。非常用インターホンが通じない場合、お手持ちのスマートフォンを使用して、記載のある連絡先やビルの管理会社へ連絡してください。危険な状況にある場合や体調が悪い際などには、必要に応じて119などの緊急通報を行なうことも視野に入れるべきです。

エレベーター内の非常用グッズを使用する

エレベーターには、非常用グッズが入っているキャビネットが設置されている場合があります。キャビネットの中には、以下のようなエレベーターが非常停止した際に使用できるものが入っています。
・ 飲料水
・ 食料
・ ティッシュ
・ ブランケット
・ トイレキット
・ ライト

全てのエレベーターに非常用グッズを備えたキャビネットが設置されているとは限りませんが、設置されている場合は状況に応じて利用しましょう。

閉じ込めが起きた時にやってはいけないこと

エレベーターの閉じ込めが起きた時に絶対に避けるべき行動を2つ紹介します。

・ ドアを無理やり開ける
・ 天井から脱出しようとする

どちらも危険な行為ですので、エレベーターに閉じ込められたとしても絶対に行わないでください。

ドアを無理やり開ける

エレベーターから脱出するために、無理やりドアを開ける行為は避けてください。
無理にドアを開けようとすると、エレベーターが再稼働できなくなる恐れがあります。ドアを無理に開けようとして隙間から転落したり、ドアに挟まれたりする危険性があり二次的な事故へ繋がる可能性があります。
ドアを開けた先にフロアがあるかも分からない状態ですので、復旧されるまで落ち着いてドアから離れた位置で待機してください。

天井から脱出しようとする

エレベーターの天井は施錠されているため内側から開けることはできません。そのため、映画のように天井から脱出することは不可能です。
万が一天井を開けて脱出できたとしても、エレベーターのかごの外部は大変危険であり、転落する恐れがあります。また、エレベーターが復旧した場合、挟まれる可能性もあります。非常用インターホンやお手持ちのスマートフォンを通じて、外部に連絡を取り救助を待ってください。

閉じ込めが起きた際の救助や復旧に時間がかかる理由

エレベーターで閉じ込めが起きた際の救助時間は状況にもよりますが、数分から数十分程度が一般的です。大きな地震や災害が発生した場合などは、交通状況などの影響により、救助までに更に時間を要する可能性もあります。
また、エレベーターが非常停止した際、専門の技術者が安全を確認するまで稼働を再開できません。そのため、大規模な地震や災害が起きた場合などは、交通状況などの影響により復旧までに大幅に時間がかかることがあります。

マーキュリーエレベータのメンテナンスで安全性を維持しよう!

エレベーターは、地震や災害による停電、機械の故障といったトラブルが起きた際に、停止する恐れがあります。このような要因により閉じ込めが起きた場合は、慌てずに、非常用インターホンなどを通じて外部に連絡を取ってください。

マーキュリーエレベータは、リモートメンテナンスシステムにより、エレベーターの異常による兆候を捉えて迅速な対応を行います。24時間365日体制の緊急連絡システムを設け、トラブルが発生してもすみやかに連絡が取れるため安心です。

エレベーターでお困りの方は、マーキュリーエレベータにご相談ください。
お問い合わせはコチラ

エレベーター メンテナンス

エレベーターリニューアル

SNSシェア